« 06月13日のココロ日記(BlogPet) | トップページ | 小さーい! »

2009年6月13日 (土曜日)

竹爐山房@吉祥寺

YOUの診察がおわり、帰りに吉祥寺で買い物をしました。


20090613chi06
そしてお昼は、あの山本豊氏がオーナーシェフである、竹爐山房(チクロサンボウと読みます。チビクロサンボと響きが似てますが)に行きました。
以前、姉に連れられて、はるるとYOUはお食事がをしたことがあり、今回で二回目です。
そのとき絶対これはDRYが好きなお料理だなと思いました。
それで今回DRY家と姉と4人で来ました。

ランチは数種類のランチメニューから選んだり、単品で好きなお料理を選ぶかとなります。

私たちはBランチをいただきました。メインのおかず、オードブル三品盛り、おまかせスープ、漬物、白米、デザートが付きます。白米はおかわりができます。

20090613chi01
今日のオードブルは、自家製チャーシューとタケノコとザーサイとぜんまい、川海老のから揚げと中国豆腐、シロバイ貝。

20090613chi02
今月のメインは炒扁豆牛肉茄子(いんげん、牛肉、ナスの炒め合わせ)。

20090613chi03
スープは冬瓜と青のりとシイタケと小海老がはいったスープ

20090613chi04
ザーサイと白米

20090613chi05
デザートはマンゴウプリンでした。

はじめから終りまで手を抜くことがなく、とても完成されたお料理です。ミニコースをいただいているようです。


竹爐山房は、主張を強くだす中華料理ではありません。
その時の旬の素材を活かしてさりげなく上品仕上げた中華料理だと感じます。
シンプルな感じに仕上げてありますが、これを実現するには相当な計算と技があってこそだと思います。味付けが強い訳ではなく、野菜臭さもなく、その素材が生かされるように切り方を考え、油と火加減、そして調味料が、ちょうど良いバランスで調和のとれたお料理になっています。
久し振りに手の込んだお料理をいただいたと感じました。四人で、夢中になっていただきました。食べた後もすっきりしていました。

接客も目が行き届いています。お料理同様、出すぎずさりげなくという感じで、気持ちよくお料理がいただけました。

|

« 06月13日のココロ日記(BlogPet) | トップページ | 小さーい! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 竹爐山房@吉祥寺:

« 06月13日のココロ日記(BlogPet) | トップページ | 小さーい! »