2010年7月30日 (金曜日)

府中市の教養セミナー、「キャラメルボックスの楽しい演劇講座」

P1011758
府中市の教養セミナー、「キャラメルボックスの楽しい演劇講座」にYOUと参加してきました。
キャラメルボックスの楽しい演劇講座は、あっという間のステキな二時間でした。
「広くてすてきな宇宙じゃないか」のビデオ鑑賞には母娘と共に、ウルウルとなってしまいました。大森美紀子さん演じるアンドロイドのおばあちゃんがとても魅力的で、私はそうとう感情移入してしまいました。
加藤さんと大森さんの講座は思いきり大きな声を出し楽しみました。
言葉に命を吹き込む楽しさを感じたひと時でした。
最後に大森さんと加藤さんと、そして会場のみなさんとともに「広くてすてきな宇宙じゃないか」というセリフを言った時の一体感は気持ちが良かったです。
みんなで心がひとつとなり、アットホームな素敵な講座で、本当に参加して良かったと思いました。

はるる姉妹は親の影響で、小さいころからずっとお芝居をいろいろと観ていました。
YOUが中学生になると忙しくて、観る時間がなかなか取れないのですが、今日の講座に参加したら、やっぱりまた観たいと思ってしまいました。
するとYOUも、キャラメルボックスのお芝居を、今度は生で見たいと言っていました。
YOUは小さいころ、病気ばかりしていて、大半が家で過ごすことが多かったです。MXテレビでキャラメルボックスのお芝居を放送していたのですが、いつもYOU自身がそのお芝居を自分でチャンネルを合せてみていました。
私の姉が若いころ、キャラメルボックスのお芝居を観に行っていたのですが、その姉とYOUとともに、行こうかなと考えています。

|

2009年11月24日 (火曜日)

二の酉

二の酉
今日は二の酉。
DRYと はるるで、夕食後に大國魂神社に行きました。
今日も神社まで続く参道は、夜でもたくさんの人が訪れていて、賑やかでした。
府中は、いろいろなお祭りが一年中楽しめます。


今年も大鷲神社の熊手の形をした御守りをいただきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月15日 (木曜日)

ギャラリー・カフェ ドードーで ランチ

20091015do01 20091015do02 20091015do03
雷雨が凄かった昨夜と違い、今日は秋晴れの爽やかで穏やかな一日となりました。
今日は友人と楽しみにしていたランチの日。
ギャラリー・カフェ ドードーに行きました。

ちょうど、現代美術アーティストの森千香子さんの個展を開催していました。
まずランチをいただく前に、ドードーのご主人の解説をうかがいながら、作品を鑑賞しました。
丸い赤い和紙をモチーフとした和のテイストの作品です。
1階の入り口すぐと2階の壁に展示されている作品、とても繊細な部分と力強さの部分と両方を兼ね備えたモダンな現代アートの作品でした。
3階のギャラリーの床には丸い赤い和紙を敷き詰めた空間があり、自然光とその丸い赤い和紙のコラボレーションが素敵でした。赤い和紙は一枚一枚表情が違い、生きているように感じました。深みのある赤い色はとてもエネルギッシュで、熱いパワーをもらった気分になりました。

そして友人とランチをいただきました。友人はランチAのスパゲッティ、サラダ、コーヒー、はるるはランチBのカレー、サラダ、コーヒーをいただきました。
私の食べたカレーはシンプルなポークカレーで、気にいっています。
ルーの中にお肉が入っているシンプルなカレーです。メニューの解説によると、豚バラ肉を玉ねぎ、人参、セロリ等と一緒に長時間煮込んだと書いてありましたが、まさにルーの中にそれらのうま味とスパイスが凝縮されていて美味しいです。
味わいのあるマイルドな辛さで食べやすく、広い年齢層で食べることができると思います。
このカレーの盛りつけ方、面白いなと思い、我家でもやってみようかな・・・。
丁寧なお料理は、わが身のお料理の姿勢を反省したり、参考にしたりと、得るものがあります。

食後の美味しいコーヒーをいただきながら友人といろいろな話をしました。

そしてそのあとも我家に場所を移動して、続きの話をしました。
こういう楽しい時って、あっという間に時間が過ぎてしまいます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月 2日 (土曜日)

クラムスコイの「忘れえぬ女」

今日は渋谷のBunkamura ザ・ミュージアムで開催中の国立トレチャコフ美術館展に行って来ました。
10時開館ですが、9時過ぎに行くと、外のゲートには人が並んでいました。45分にゲートが開き、10時開館と共に早速鑑賞です。前売り券を購入しておいて良かったです。


20090502wasure
クラムスコイの「忘れえぬ女」。
はるるが高校生のころだったと思いますが、この作品は以前にも日本の展覧会で展示されていました。
両親がその展覧会を鑑賞して、とてもとても大きな「忘れえぬ女」のポスターを買ってきたのです。そして画材屋さんでポスターをパネルに装丁して飾っていたのでした。
そこで「忘れえぬ女」の作品とはるるは対面して魅せられて、それ以来「忘れえぬ女」の作品の虜になっていました。
それからいつの日か実物を鑑賞したいなとずっと思っていたのですが、その日から20年以上経てまさか本当にご対面できるなんてと、ワクワクしてこの日を楽しみにしていました。
本物はやはり素晴らしく、深く感動しました。ずっとこの絵をみていました。
クラムスコイの力量の素晴らしさに驚いたのはモチロンですが、あの憂い顔の女性に対してますますいろんな思いがぐっと迫ってきました。

「忘れえぬ女」の他に、リアリズムから印象主義に至るロシアの今回の作品は、ロシアの美しい自然や情景を描いた作品、トルストイ、ツルゲーネフをはじめとした数々の肖像の作品が展示されていました。
冬の重厚な景色の風景画に対して、春や夏のつきぬけるような輝きがある風景画をみていたら、北の大地に行ってみたいなという思いが湧きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月29日 (水曜日)

新しいデジカメ

20090429photo
新しいデジカメを新宿で購入しました。
OLYMPUSのμ-7000。コンパクトなので、いつも持ち歩くのに助かります。
そして7倍ズームというのも嬉しいです。ブログ関係やYOUの学校行事を写すのにも重宝しそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月15日 (日曜日)

雛人形を飾りました


午後から3人で雛人形を飾りました。
親王飾とともに、今年は2年ぶりに7段飾りも出しました。
大仕事となりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月29日 (土曜日)

神符熊手


今年も、同じ敷地内にある大鷲神社で恒例の神符熊手をいただいてきました。
今回は、この神符熊手をいただくために、だいぶ並びました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

三の酉

国分寺からバスに乗り、府中に戻ってきました。
そして今日は三の酉だったので、大國魂神社に行きました。
参道は、こちらもたくさんの人出でした。
20081129san01

お店によって、熊手も違います。熊手が売れるたびに、手締めがあり、賑やかになります。年の瀬に近づいていくのだな・・と実感します。
20081129san02

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月 1日 (土曜日)

假屋崎先生デザインの花器

20081101kari02_2
假屋崎先生デザインの花器を購入しました。ハートをモチーフとした模様が入った透明のかわいい花器です。
假屋崎先生が自ら進んで、箱と花器に直接サインをしてくださいました(写真の花器の裏側に書いてあります)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

假屋崎省吾の世界(2)

国の登録有形文化財指定の「百段階段」が会場でした。
百段階段は、99段のケヤキの板材でできた階段廊下の南側に7つの部屋があります。ぞれぞれの部屋には、天井や欄間に、素晴らしい壁画、天井画、彫刻が、装飾されているのです。その7つの部屋にクラシック音楽が奏でられていて、假屋崎先生の素晴らしい生け花が飾られているのでした。

靴を脱いでその階段を上っていくことになるのですが、会場は、まさに数珠繋ぎのように人が繋がっていました。
その入口に假屋崎先生がいらっしゃいました。オーラがありました。会場で、スタッフの方達に指示をだしていらっしゃいました。
伝統のあるそれぞれのお部屋の美と假屋崎先生の生け花の美のコラボレーションは、お互いがお互いの美を輝かせてパワーがあり、素晴らしかったです。
豪華な美の世界に、感動しました。各部屋、目が離せませんでした。

DRY家では、假屋崎先生の生け花を実際に観るのは今回で二回目なのですが、先生の作品は迫力があって観終わった後、ほんとうに満足するのでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)